大豆ペプチドダイエットは基礎代謝を上げると言われるが…

もし体の基礎代謝が不足していて、それが原因で太ってしまうと考えているのなら、大豆ペプチドダイエットが気休め程度にはなるかもしれません。ただし、あくまでも効果は気休め程度のものなので、これを大豆ペプチドを補えば肥満がスッキリ解消するとは考えない方がよいです。

なぜ大豆ペプチドを補うと基礎代謝が上がると言われているのかというと、1つの理由は大豆ペプチドがたんぱく質であるからです。アミノ酸ダイエットという方法があるのをご存じだと思いますが、これも脂肪を燃焼させると言われているダイエット方法です。

このダイエット方法の趣旨は補うことで基礎代謝を上げることにありますが、大豆ペプチドが基礎代謝を上げるしくみは、補うことでこれが体の筋肉を作る材料となるからです。

筋肉は主にたんぱく質でできています。大豆ペプチドもたんぱく質の一種です。そして、たんぱく質が分解されたものがアミノ酸です。

筋肉を作る材料として見た場合、たんぱく質でもアミノ酸でも同じことです。だから、どっちを補ってもダイエット効果は同一なので、どちらを補っても同じ結果になります。

大豆ペプチドは運動してからすぐに補うと良いと言われています。確かにそうすることで筋肉を作る材料として速やかに体に補われます。

ただ、普通に肉や魚を食べてたんぱく質を補うのと効果は同じなので、この方法の効果を過信し過ぎないことが大切です。