重曹ダイエットは空腹感をまぎらわす方法

食事で食べ過ぎることが太る原因なら、その食べ過ぎる原因である空腹感を減らしてしまおう、という方法が重曹ダイエットです。

重曹ダイエットとは食事をする時に重曹をレモンと水で溶いたものを飲むという方法ですが、これを飲むことによって、お腹が炭酸で満たされて空腹感が減ります。

なぜ重曹レモン水を飲むとお腹が炭酸で満たされるのかというと、重曹をレモン水で溶くことで炭酸水になるからです。炭酸水は想像する通りお腹をふくらませます。お腹が膨らむと空腹感が一時的に減るのはご想像の通りです。

もちろん重曹レモン水ではなく炭酸水でも代用できます。どちらでも同じ効果なので、飲みやすい方、あるいは手に入れやすい方を飲むとよいでしょう。

重曹はベーキングパウダーに配合されている成分の1つです。なぜ重曹を加えたケーキが膨らむのかというと、炭酸が発生して生地をふくらませるからです。

この方法の注意点としては、食用の重曹を使うことです。食用なら食品添加物として使用することが想定されているので、適量の摂取なら体に害を与える可能性は低いです。

食用でない場合は体に害を与える可能性があるので摂取しないように注意します。

いずれにせよ、この方法は空腹感を満たすことが目的であるので、食事前に水を飲んでおくという単純な方法でも同じ効果を得られます。