一日4食ダイエットは空腹になる可能性を減らす方法

もしダイエットに成功できない理由が空腹に耐えられないということでしたら、一日4食ダイエットを試してみると良いかもしれません。

一日4食ダイエットとはその名の通り、ご飯を食べる回数を1日あたり4回にするという方法です。この方法だと1回当たりの食事で食べる量はその分だけ減らさなければなりませんが、1日にご飯を4回食べられる分だけ日中に空腹を感じる可能性を減らすことができます。

決して食べ方を変えたから脂肪が燃焼するというような方法ではありませんが、食べ過ぎて摂取カロリーを取りすぎる可能性を減らすことができる方法なのです。

このやり方の根本的な考え方として、1日に摂取するカロリーは以前と同じにすることが重要です。要は、以前に1日当たり2000kcal摂取していたのなら、一日4食ダイエットをやる場合でも2000kcalしか摂取してはいけないということです。

1日に3食取る場合は1食あたりの摂取カロリーが666kcalだったものを、4食取る場合は500kcalに減らすということです。

この方法のメリットは、食事間隔を短くすることで空腹感を感じる可能性を減らすことです。空腹感を減らすことができれば食べ過ぎる可能性が低くなります。

人間は食事をしてから一定時間が経過すると空腹を感じるので、食事から食事までの時間を短くしようというのがこの方法の趣旨です。