ギムネマ茶ダイエットは間違った方法

ここ最近で「食べたことをなかったことにするサプリ」は多数出回っていますが、ギムネマ茶も同じようなものです。ギムネマ茶の場合は糖分の吸収を抑える効果があると言われており、糖質を含むものを食べた後にギムネマ茶を飲むと、摂取したカロリーがなかったことになります。

このような趣旨がこのギムネマ茶ダイエットですが、実は糖分の吸収を抑えるなどと言った効果は嘘なので信じないようにしましょう。

もし、本気でギムネマ茶の効果を信じているなら、アイスクリームを気が済むまで食べてからギムネマ茶を飲む、という生活を1週間ほど続けてみると良いでしょう。間違いなく体重が増えていますから。しかも、ちょうどアイスクリームを食べた摂取カロリーの分だけ体重は増えています。

ちなみに、体重が1キロ増える摂取カロリー量は7200kcalです。1本(1カップ)360kcalのアイスクリームを毎日4本(個)ずつ食べていた場合、10日で体重が1キロ増えているはずです。

体重は体内の水分量で変化するものなので、正確に言えば1キロ分の体脂肪が増えていると言う方がより正確です。

ギムネマ茶の他にも、キチン・キトサンなど食べたことをなかったことにする成分は多いですが、こういった成分は消費者生活センターにも多数の苦情が寄せられているいわくつきのダイエット成分なので注意が必要です。

真剣にダイエットに成功したいと考えている場合、食べたものをなかったことにするタイプのサプリは避けた方が無難なのです。