なわとびダイエットは運動時間が重要

とても簡単な運動ダイエットの方法の1つとして、なわとびダイエットがあります。その名の通り、なわとびを飛ぶだけのお手軽ダイエットです。もし運動を始めたいけど、外に出てジョギングするのは億劫だ、という場合、なわとびダイエットがお手軽ではないでしょうか。

なわとびは有酸素運動でもあり、また、全身運動でもあります。ジャンプする時に脚の筋肉を使いますし、縄を回す時に腕の筋肉も使います。足も腕も体を支える全身も動かす全身運動なので、全身の筋肉を適度に使う運動だと言えます。

基本的にすることは、1日に10分なわとびを飛ぶだけです。たった10分といっても結構ハードな運動ではあります。実際にやってみるとわかりますが、やると汗をかきます。

運動が苦手な人は10分もすることができないかもしれません。その場合、最初は3分、慣れてきたら5分、もっと慣れてきたら10分、というように段階をふんで運動時間を増やしていくとよいでしょう。

なわとびはボクサーのトレーニングの1つというようなイメージもありますが、かなりハードな分だけ消費カロリーも大きいです。消費カロリーが大きいので脂肪もかなり減ります。

ただ、いくら消費カロリーが大きいからといって、運動時間が短いと脂肪はそれなりにしか減りません。脂肪が減る割合は運動強度×運動時間であるため、例えばなわとぎの消費カロリーがウォーキングの3倍だった場合、なわとびを1分するのと3分ウォーキングをするのとでは、脂肪が減る割合は同じです。

なわとびはハードなので1分しかできないけど、ウォーキングなら5分続けられるという場合、ウォーキングのダイエット効果の方が大きくなります。