カテキンダイエットは寝る前にしない方がよい

体の脂肪の吸収を抑える食材としてはお茶が有名なものの1つで、お茶に含まれるダイエットの有効成分としてはカテキンが有名です。このカテキンを補う方法がカテキンダイエットと呼ばれるものです。

では、カテキンを補うとなぜ脂肪の吸収を抑えることができるのでしょうか。その理由は、カテキンに脂肪や糖の吸収を抑制させる効果があるからです。

カテキンとはポリフェノールの一種であり、赤ワインのポリフェノールのように、体に有用なポリフェノールの1つです。お茶のポリフェノールであるカテキンも赤ワインのポリフェノールであるアントシアニンも効果は似通っていて、その効果は抗酸化作用が主なものです。

これらのポリフェノールを補うことで抗酸化作用を得ることができ、動脈硬化などの原因を緩和させることが期待できます。

ただし、脂肪吸収を抑制させる効果は世間一般で言われているほどないので、これを補ったからといって太らない体になる、という過度の期待を持たないことです。

一応どのタイミングでカテキンを補うとよいのかというと、基本的にはいつ補っても問題ありません。ただ、カテキンには興奮作用があるため、夜寝る前に補うとカフェインと同様に眠れなくなってしまいます。